TOEFLの点数アップ策

手元

効率よくスコアを伸ばす

留学に欠かすことができないものの一つがTOEFLのスコアです。TOEFL対策を行う方法としては対策学校に通ったり、解説書を読むなど様々ですが、最終的には自分でコツコツやるしかありません。もっとも、ポイントの置き方次第で効率の良い勉強は可能ですので、以下ではTOEFL対策における学習法についてまとめてみることとします。まず最初に、TOEFLはリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4つの分野から構成されているため、それぞれまんべんなく学習することが必要となります。このうち、点数アップに時間がかかるのはリスニングとスピーキングですので、高得点を目指す場合にはこの二つを重点的に取り組むことがポイントです。もっとも、そこまで高い点数は必要ないということであれば、この2分野にはあまり時間をかけない方がよいかもしれません。次に、TOEFL対策を行う上でもっとも効果が出るのが早いのがリーディングとライティングです。日本の場合、中学、高校でこの2分野についてはしっかりを学習していることが多いため、多くの日本人受験生にとって取り組みやすいためです。とはいえ、TOEFLで求められる英語力は実際の大学の講義で用いられる程度のものですので、まずは単語力を増やすことが不可欠です。TOEFL対策用の単語集が販売されていますので、そういったものを利用して不自由しないくらいの単語力は身に着けておくべきでしょう。単語力を上げるだけでも、リーディングで高得点を取ることは可能です。